自殺願望について

お問い合わせはお気楽に!問合番号 0120-407194

サイトマップ

TOP用語タグ > 自殺願望

自殺願望

自殺願望があります...一緒に自殺できる仲間は...
練炭?飛び降り?  どうしらイイ?
1度、会ってください。連絡ください。貴女と一緒に働きたいです。

別ページでも書きましたが...結構 時間が経てば薄れるモンです。完全には忘れませんが...
そして少しですが、笑えるコトもあるもんです。
どういうことと言うと・・・
バイトしてみてください。そこには仲間がいます。1人ではありません!
同じ様に、悩んだり、苦しんだ仲間がいます。
1人では辛いけど、みんなとなら・・・

きっかけになれば・・・そして
お金があれば、楽しむことができます。言い換えれば、お金がなければ楽しくありません!
1度、会ってください。連絡ください。貴女と一緒に働きたいです。


ご案内番号 0120-407-194 担当:高橋

自殺とは(ウィキペディアより)
自殺
自殺(じさつ、英: suicide)とは、自分で自身の命を断つこと。自害、自死、自決などともいい、状況や用途で表現を使い分ける場合がある。
概説
自殺とは自分で自身の命を断つことである。自殺の表現としては様々なものがある。たとえば「自害」「自決」「自尽」「自裁」「自死」[注 1]などである。命を絶った方法で呼び分けることもある[注 2]。また、恋人・配偶者・子どもなどを道連れにすることを心中という。死に至らなかった場合は「自殺未遂」(じさつみすい)という。
歴史をひもとけば、歴史的な人物の自殺に関する記述は古代にまで遡ることができ、紀元前1100年ころ中国の帝辛(紂王)が戦に破れ焼身自殺したと伝えられており、エジプトのプトレマイオス朝最後の女王クレオパトラ7世はアクティウムの海戦で破れても敵に屈することを拒み、蛇に自分の体を噛ませて自殺したと伝えられている。(→#自殺の歴史)
欧米などキリスト教圏では伝統的に自殺は罪と見なされ、忌避されてきた[注 3]。( → #伝統的な考え方)
法律が自殺をどのように扱っているかというと、アメリカ合衆国のアラバマ州とオクラホマ州では自殺を犯罪と定めているが、他の州では特には定めていない。ただし、全ての州で他人の自殺を幇助する行為は重大な犯罪と見なされている。日本でもほかの人を自殺するように仕向けたり、自殺するのを幇助するような行為は犯罪だとされている。(→#法と自殺)
現代世界における自殺を統計的に分析すると、たとえば2000年の統計を見ると世界で100 万人が自殺している。各国で、自殺は死因の10 位以内に入り、特に15〜35歳の年代では3位以内になっている[2]。(→#自殺に関する統計)
自殺が、自殺者の家族や社会に対して及ぼす心理的影響・社会的影響は計り知れないものがある[2]。自殺が1件生じると、少なくとも平均6人の人が深刻な影響を受ける[2]。学校や職場で自殺が起きる場合は少なくとも数百人の人々に影響を及ぼす[2]。
自殺は様々な要因が複雑に関与して生じる、とWHOは分析している[2]。ただし世界保健機関(WHO)は調査の結果、2003年に「自殺は、そのほとんどが防ぐことのできる社会的な問題である」と明言した。自殺のほとんどは、適切な防止策を打てば防止できるのである[2]。
現代日本に目を向けると、1998年以降、毎年の自殺者数が3万人を超える事態が続いてきた[3]。「年間3万人」と言うが、これは一日あたり平均80人以上になる。日本で2012年までの14年間だけでも45万人を超える人(兵庫県の尼崎市の人口相当、あるいは東京の町田市の人口相当)が自殺で亡くなっており、日本で家族を自殺で亡くした遺族は300万人を超えると推計されている[3]。日本で暮らす人の40人にひとりは自殺者の遺族であり、日本人にとっては非常に深刻な問題で、身近にある問題なのである[3]。日本の自殺者数は、全世界で8番目で、米国の2倍、イギリスやイタリアに比べて3倍となっており危機的な状況が続いている[3]。(→#日本における統計、 #日本の現況) 。
その原因として、「日本の社会には人々が生きづらくなるような社会的な悪条件や困難が多い」とする分析がある[3]。「自殺」とは言うものの、実際には、本人が死を積極的に選んでいるというわけではなく、死を選ばざるを得ない状況に追い込まれて亡くなっている[3]。そうした状況(要因)というのは例えば、「将来についての不安や絶望」「家族からの虐待や周囲からのいじめ」「過重労働」「貧困」「介護疲れ」「孤独」などである[3]。 しかも、遺族の人々の協力を得て実態調査をして、人が自殺に追い込まれるプロセスを分析する「自殺の危機経路図」を作成したところ、自殺で亡くなった人は、これらのさまざまの要因を、平均で4つ抱えていた。日本の社会は、人に悪条件が複合的に(あるいは連鎖的に)のしかかってくるような構造が放置されている[3]。例えば、失業率が高く[注 4]、失業者に対する生活支援策は少なく、多重債務を抱えることになり、失業や多重債務に陥った人々に対して精神的なケアをする組織が少なかったり、その連絡先の広報・周知徹底がなされておらず彼らがたどり着くことが少なく、 うつ病になり、うつ病に追い込まれたために再就職がなお一層難しくなり、自殺に追い込まれる、というような経路がある[3]。
また例えば日本では、高校中退 → 不安定な職にしか就けない状況 → 経済的困窮・借金 → 家庭内の人間関係の悪化 → 自殺 というような複合的(連鎖的)なことも起きうる[3]。あるいは、子供のころ虐待を受ける→結婚して家族からの暴力をきっかけに精神疾患に → 離婚 → 経済的困窮 → 自殺、といった連鎖もある[3]。日本ではこうした悪条件が複合的・連鎖的に起きているにもかかわらず、日本の中央政府や自治体の対策は、こうした連鎖に対応したものになっておらず、連携不足で、「点的」になっており、自殺要因の連鎖を食い止めるような形での連携的な対策になっていないので、十分に防げないのである[3]。
実際に関係機関が連携して支援策を打ち、自殺に追い込まれる人を減らせた地域がある。たとえば東京都足立区は2009年ころから自殺総合対策に取り組み、2011年には自殺者を前年比で40人、20%も減少させることができた[3]。
自殺の地域ごとのありさまはさまざまに変化するものであり、自殺の実態に関する情報や統計がない状態では、的確な対策を打つことができないので、各自治体はまず、その自治体域内の人々の自殺の統計をとり、細かい統計を迅速に発表するとよい[3]。例えば毎月ベースで統計をとり、1ヶ月後には発表するとよい。日本の行政がやるべき連携的な活動とは、例えば、誰かが失業したら、その人は複合的に 「失業・経済的困窮(生活苦)・多重債務・うつ病」という問題を抱える傾向があることは事前に統計的にわかっているのであるから、本来ならば、行政というのは、ハローワーク・福祉事務所・弁護士・保健師などが連携・情報交換してそのひとりの人に対して「総合的な相談会」などを共同で実施して支援にあたる、ということなのである[3]。
「死にたい」と思い詰めている人の多くは、実は同時に「生きたい」とも思っており、必要な支援が得られて困難が解消すれば、多くの人は生きる道を選ぶ[3]。日本では、人が生きることを選択できるように社会環境・社会制度を改善すれば自殺率を減らすことができる。自殺対策とは、「生きることの阻害要因」をできるだけ取り除いて、「生きることの促進要因」をできるだけ増やすという、包括的な「生きる支援」であり、そうした包括的な支援を、当事者の事情にあわせて関係機関が連携して行えば、その地域では「生きる道」を選択できる人が増え、結果的に自殺が減るのである[3]。 (→#自殺対策)
自殺対策のひとつとして、ボランティアらによって営まれているいのちの電話(日本いのちの電話連盟)が、深い悩み・つらさを抱えて誰にも相談出来ずに自殺を考えるほどになっている人の話を聞くための電話を設けて、24時間受け付けている[7] [4]。また政府系では、自殺予防総合対策センターのサイトが、自殺を考えるほどに悩んでいる人、あるいは自殺しそうな家族をもつ人からの相談を受け付ける、各都道府県・都市の相談窓口・相談のための電話のリストを公開している[8]。