秘密のバイトについて

お問い合わせはお気楽に!問合番号 0120-407194

サイトマップ

TOP用語タグ > 秘密のバイト

秘密のバイト

秘密のバイトの案内です。
お金に困って、誰にも相談できない時...
急な出費で、明日からの生活が...
理由は色々ありますよね。自分が悪い訳じゃないのに...

もぅやるきゃない!
秘密のバイトは、誰にも頼らなくてすみます。 秘密のバイト
勿論、労働に対しての対価ですから、頭を下げるくやしさもありません!
秘密のバイトですから、明日の生活費が今日中に用意できます。 秘密のバイト
きっと、今週中の分も足りるハズです。
こんなに悩んでたのはなんだったのでしょう?

この労力は、必ず貴女を救います。
この時間は、必ず貴女を助けます。
1度、相談してみてください。無理のないプランで
貴女の人生を、いい方に導きますから・・・
※秘密のバイトですから、本業に所得などの情報がバレる事はありません


ご案内番号 0120-407-194 担当:高橋

秘密のバイトとは(ウィキペディアより)
アルバイト
アルバイト(独語からの外来語: Arbeit)とは、非正規雇用の一種で、期間の定めのある契約に基づき雇用される従業員を指す俗称。日常会話などではバイトとも略される。
語源
アルバイトという言葉は、ドイツ語で「労働」を意味する名詞のArbeitに由来する。明治時代に学生の間で使われていた隠語が、一般に広まったものである。英語ではパート・タイム・ジョブ (part-time job) やサイド・ジョブ (side job) 等という。ドイツ語で Arbeit といえば労働全般を指し、あえて日本語でいうアルバイトに近い言葉をさがせば英語からの外来語でジョブ(Job)となる。日本発祥の概念であり、日本国外にもフルタイムの雇用とパートタイムの雇用、期限の定めのある雇用と期限の定めのない雇用といった区別はあるが、それらを「アルバイト」と呼ぶことはほぼ無い。ただし韓国では、日本と同様の意味で아르바이트(「アルバイトゥ」、略称は알바「アルバ」)を用いる。
概要
「アルバイト」と「正社員」の区別は慣習的なものであり、企業がそのように呼び分けているだけである(「パート」と「アルバイト」の区分についても同様)。法的にはどちらも労働者であり、単に労働時間や契約期間が異なるに過ぎない。アルバイトでも、年次有給休暇を始めとする労働者としての権利の行使、会社が正社員に提供する福利厚生などの対象になる[1]。
アルバイト全体に占める比率は、24歳以下が51%(うち学生は29%)、50歳以上は17.2%[2]。
勤務時間は、年間の就業日数が増えるほど、勤務時間も増える傾向にあるが、正社員よりは少ない。
年間就業日数が200日未満では、勤務時間週30時間未満が76%(正社員は11%)、年間就業日数が250日以上では、勤務時間週43時間以上が48%(正社員は76%)。