夫 EDについて

お問い合わせはお気楽に!問合番号 0120-407194

サイトマップ

TOP用語タグ > 夫 ED

夫 ED

よくEDについて相談を受けます。
「夫が全然ダメなのよ」
「彼氏はいつも途中まで」などです。
そして、貴女に原因があると思い込んでるのも、1つの特徴です。

EDの克服には、貴女の努力も必要ですが...
実は簡単に解消できたりします。
思い出してみてください。

新婚の頃は結構な・・・付き合い始めたばかりの頃は・・・
新しい貴女になればいいのです。夫 ED
そんなコトどうやって?
色んな経験が新しい貴女を自然と作っていきます。夫 ED
バイトしてみてください。
無理のない範囲で新しい価値観が生まれてきます。夫 ED
世の中は、まだまだ広いですよ!!!


ご案内番号 0120-407-194 担当:高橋

夫 EDとは(ウィキペディアより)
勃起不全
勃起不全(ぼっきふぜん、英: Erectile Dysfunction; ED)は、男性の性機能障害(Sexual Dysfunction; SD)の一種であり、陰茎の勃起の発現あるいは維持のできないために満足に性交の行えない状態[1]、または性交時に有効な勃起が得られないため満足な性交が得られない状態、通常性交のチャンスの75%以上で性交が行えない状態[2]である。勃起機能障害、勃起障害、より一般的には陰萎、(性的)不能などとも呼ばれる。
概要
勃起困難、硬度不足などのほか、勃起の維持も診断の基準となっており、性交の途中であるにも拘らず性交渉の完了まで充分な勃起を維持できない症状、いわゆる「中折れ」もEDである[3]。
本症はかつてはインポテンスもしくはインポテンツ(独: Impotenz、略称: インポ)と呼ばれるのが一般的であった。しかしながらその定義は「性欲、勃起、性交、射精、極致感のいずれか1つ以上欠けるかもしくは不十分な物」とされていた。これは現在で言うところの性機能障害に相当する症状である。また、「インポ」は多分に侮蔑的な意味を含んでいるとも取られるため、現在の日本においてはその正確な表現として勃起不全、または英語の Erectile Dysfunction を略してED(イーディー)と呼ばれることが多い[4]。
EDに悩む人は、加齢に伴い増加傾向にある。器質性のEDは50代以上に多く見られるが、機能性(心因性)のものは若年層にも多く見られる。2010年現在、日本を始めとする先進国では健康寿命が長い傾向があり、永く性生活を楽しみたいと考える老年者が増えてきたことも、近年EDが注目される要因とも考えられる[5]。白井将文が住民台帳からの無作為抽出で調査し、1998年、アムステルダムにおける第8回国際インポテンス学会で発表したデータによれば、その罹患率は40代前半16%、40代後半20%、50代前半36%、50代後半47%、60代前半57%、60代後半70%、である[6][7]。
また、「成人男性の健康と性に関する調査委員会」の報告に拠れば、20歳から39歳という若年層の4.7%が勃起不全を訴えている[8]。
かつては患者が非常に言い出しにくい症状であり、治療も困難であったが、後述する「バイアグラ」の出現以降、患者と医師が協力して、また同時に特にパートナー(妻)の助けも必要とせず、患者単体で治療に当たれる事から、患者もより積極的に治療に当たれる体勢が整いつつある。