アリバイ対策について

お問い合わせはお気楽に!問合番号 0120-407194

サイトマップ

TOP用語タグ > アリバイ対策

アリバイ対策

アリバイがちゃんと対策されてないと困ってる貴女!
朗報です。galwork.comでは、貴女の希望に添ったアリバイが用意できます。
曜日や時間に関係なくアリバイサービス、また 各種書類も用意できます。

お水や風俗のお仕事って、始めてから思ったことってお金の心配は解消できたけど、社会的なことって信用度が低いなぁと思いませんか?
マンションを借りるとき、ローンを組むとき、家族や恋人・友人に今の仕事を内緒にしたいとき等困りますよね?

ちゃんと働くことが出来て、ちゃんとプライベートも充実して・・・
別に、ものすごいことを望んでる訳じゃないのに・・・
アリバイを親身になって対策します。
あっ^_^; そうそう、実際にバイトしている女の子からは「昔そんなことがあったね」って笑われました


ご案内番号 0120-407-194 担当:高橋

アリバイとは(ウィキペディアより)
アリバイ
アリバイ (alibi) または現場不在(げんじょうふざい)は、犯罪等で被疑者・被告人が犯行に関わっていないことを推認させる間接事実の一つ。ラテン語のalius ibi(他の場所に)に由来する。
概要
犯行が行われた際、被疑者がその場に存在していなかったことを主張(現場不在証明)し、犯罪の直接的な実行が不可能であったことを主張するのがアリバイである。もっとも、この場合、その人物がその場にいなかったことそれ自体を証明するのではなく、実際にはその時間に別の場所にいたことを主張立証する活動が行われる。同一人物が、同一の時間に異なった二カ所に存在することは不可能であるため、それが現場に存在しなかったことの証明になる。現在では一般的な用語としても使われている。
事件においてアリバイが証明されたら捜査機関の容疑者候補から外れるが、アリバイが証明されないと捜査機関の容疑者候補から外れないことが起こりうる。しかし、刑事訴訟法的には当事者主義訴訟構造をとっている刑事訴訟法上当然の原則から、当該被告人が犯人であること(犯人性)および公訴事実の存在を証明する必要は訴追側の検察官にあるため、アリバイ事実を被告人側が証明する必要はない。
刑事裁判において、被告人のアリバイの有無は犯行の可能性を左右する重要な要素であるため、弁護側と検察側の間でしばしば争われる。また、証人が被告人のためにアリバイを偽装することは違法であり、偽証罪や犯人隠匿罪等に問われることもある。